ダウンライトって実際どうなの?メリット・デメリットを検討!【体験談】

スポンサーリンク

設計士さんとの打ち合わせ

昨日の打ち合わせが設計士さんとの三回目の打ち合わせでした。

このところは設計士さんとの打ち合わせと水回り設備のショールームへ行っておりました。

いやー…時間かかりますね…(><;)

いつも時間いっぱいまで打ち合わせになります。

おおまかな間取りは契約時点で決まっているので、結構順調に決まったように思うんですけどね…w

窓の大きさや配置、照明のスイッチの位置、電源コンセントの配置なんかを細かく打ち合わせしていたような感じです。

新居のメイン照明はダウンライト

新居の照明は設計士さんが必要と思われる場所にダウンライトメインで配置して下さっていたので、それを元にスイッチの位置や照明の位置を微調整しました。

寝室についてはスイッチからしかON・OFF出来ないこと、調光式にすると高くなるということで、家具の配置が固定されない子供部屋はシーリングライト、寝室は調光式のダウンライトでベットの近くの壁にスイッチを配置してもらうことになりました。

みさ
みさ

枕もとで電気が消せないのはとても不便ですよね…

あとは出来るだけコストも抑えたいな…!

ダウンライトって実際どうなの?

前回の打ち合わせ時点でかなり決まったこと、お盆で旦那の実家へ帰省したため、ご両親や少し早く家を建て始めていたお義兄さん夫婦の間取りを見せてもらったりしていました。

ただ、お義兄さんのおうちの間取りを聞いて気になったのは、リビングや居室の照明!

 お義兄さん
お義兄さん

職場にダウンライトがあるけど、電球がむき出しだから寝転がったり下から見上げると眩しくて目が痛いから辞めたよ。

みさ
みさ

お義兄さんはオシャレ好きな方だそうですが、あえてのシーリングライト選択!

帰ってからダウンライトに調べてみたんですが、ダウンライトはこんな場所には向かないみたいでした。

・寝室や居室など寝る部屋

・赤ちゃんがいる可能性がある部屋

また、ダウンライトは基本一体型で交換には電気工事士の資格が必要なので、業者を呼ぶ必要があります。

なので、こんなデメリットもあるようですね。

・個数が多いと修理代や交換費用が高くつく

 

・電球が切れたり、照明器具が壊れたとき、自分で直せない

他の方のブログを見ると後でまとめて直そうと廊下のライト切れを放置している方もいましたが、暗くて不便だと言っていました。(><)

みさ
みさ

ダウンライトがお高くなるなら長く人がいるリビングに配置したいのに、

赤ちゃんが出来る可能性があるからリビングに配置できないのは残念…

お金をかけてもオシャレになるのが廊下やトイレって微妙…?(><;)

一体型ダウンライトと交換型ダウンライト

ダウンライトは一体型のものとLEDを自分で交換できるものがあります。
ただし、交換型は値段が大きく変わってしまうそうです。

調べてみると、一体型のダウンライトが普及した背景が分かりました。

実は照明器具が付かなくなる原因は電球が切れるほかにも照明器具の故障があるそうで、JIS規格では10年を「適正交換時期」としているそうです。

LEDの場合は白熱灯と違って寿命が長いので、せっかく高い交換式の照明器具を買ってLED電球を交換しても10-15年程度で照明器具自体の寿命で照明器具ごと買い替える必要が出てしまうということでした(><)

みさ
みさ

電気が切れる原因と言えば「電球が切れること」だと思っていたので、
照明器具にも寿命があったとは驚きです!!

逆にいうと今までは住居には使用されなかったダウンライトもLED電球が安く普及してきたことで、10年前後は交換無しで設置できるとあって最近住居に導入されるようになったみたいです。

みさ
みさ

IKEAにスマートLED電球があるので寝室は交換型のダウンライトも考えたんですけど、照明器具が壊れてしまうなら割高になってしまいますよね…

IKEAのスマート照明トロードフリはLED電球と一緒にゲートウェイやスイッチを買うことで、スマホで複数の電球をグループ分けしてON・OFFや色調や調光したり、朝はタイマーを使って徐々に明るくなって目覚ましにしたり、外出時にも電気をつけて防犯対策したりとすごく便利そうだったので、電球にこだわりたい方は交換型にするのがいいんでしょうね。

『スマートLED電球、私がIKEAをオススメする理由と選びかた』
 ご訪問ありがとうございます。 【西宮・芦屋】を中心にお片づけとDIYインテリアスタイリングでサポートしています。 DIYとお片づけサポーター 竹本ゆきこです…

電球を持ち込んで設置する場合はダウンライトごとに電球の大きさが違ったりするそうなので、ちゃんと電球が収まるかどうか確認してくださいね!

全ての照明をシーリングライトにできる?

昨日の打ち合わせで全ての照明をシーリングライトにすることを提案してみましたが、考え方は合理的だと言ってくださったものの、そうした設計をしたのは初めてだと言っていました…

みさ
みさ

特に廊下やトイレは引っ掛けシーリングではなく直接照明にすることが多いみたいですね…

あとは洗面所は湿気が多くなるので、直接照明の方が良いのではないかということでした。

またリビングはポイントで壁付けの間接照明とかを付けられたらオシャレになるかなと思ったんですが、壁付けの照明は直接設置することが多いみたいですね。

直接設置の照明をつけるなら壊れた際にどうせ業者を呼ぶことになるので、器具自体は安い一体型のダウンライトにしても同じことですし、まとめて付けた方がいいですよね…。

金額面も計算してみました。

うちのライトを簡素なシーリングライトとダウンライト併用で計画し、60年間使用したと想定すると約97万円。

全てを引っ掛けシーリングと簡素なシーリングライトで計画した場合、約70万円でした。

差額は27万円なので60年と考えればそうでもないけど、金額的にはそこそこ変わってきますね…

ただよくよく考えてみると、白熱灯の電球が切れて交換する以外に照明器具を壊れる場面に出くわしたことがほとんどないんですよね…

照明器具の推奨交換時期が10年なのでLDKなんかのよく使う電気は10-15年で壊れてしまうことが想定されても、廊下やクローゼットなんかの電気を付けている時間が短い場所はそんなにすぐには壊れないのではないかとは思えてきました。

また二人で結論をだそうとは思うのですが、すべてを自分で取り換えられるようにすることにこだわらなくてもいいのかなという気になってきました…

Panasonicの明かりプラン

ダウンライト、引っ掛けシーリングとはまた別の話になってしまうのですが、 Panasonicやコイズミ、大光電機などの照明メーカーではショールームやメールなどで無料で照明プランを作成してくれるサービスがあるようです。

うちは田舎なのでなかなかショールームが無いのですが、WEB上でプラン作成をしてくれるPanasonicの明かりプランに申し込みをしてみました。

特別オシャレというよりはスタンダードなプランの提案になるようですが、照明のことが分からない状態の私たちには参考になるかな?と思い、申し込みをしてみました。

お盆明けから処理してもらえるので少し時間はかかってしまいそうですが…

あかりプラン | 照明器具 | Panasonic
新居にふさわしいオリジナルのあかりプランを無料でお作りいたします。

あとはパナソニックの無料冊子で照明についての基礎知識が書かれた本もあるようなので、ご興味あれば見てみるのもいいかもしれません。

すまいのあかり設計集 2018 事例・テーマ編 | WEBカタログ | Panasonic

まとめ

洗面所を直接照明にした方がいいと言われたことや間接照明のことも考えると、よく使う場所はシーリングライトにしてあとはダウンライトというのが無難な選択肢なのかな~と思います。

一旦その状態で設計図を書いていただき、インテリアコーディネーターさんと間接照明について相談もしながら最終決定になりそうです。

2Fなんかの人が来ないところは電球直付けの簡素な照明でコストダウンをするのはありかなと思いますが、コスパに関わるのが入れ替え時の工賃次第だとあまり変わらないかもしれませんね…

みさ
みさ

住宅は考えるところが多くてほんと大変!(X_X)

一旦設計士さんとの打ち合わせは終わって、インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせに移ります。

インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせは午後まるまる使うつもりで来てくださいと言われたので、こっちもまた大変そう…(X_X)

倒れないよう取捨選択してやっていかないとですね(><;)ノ

アイ工務店を知ったきっかけ

実はタウンライフの一括請求でアイ工務店の営業さんから資料が送られてきて、近くの展示場へ足を運んだのがきっかけでアイ工務店と契約することになりました。


一括請求することで簡単にたくさんのホームメーカーの資料を請求出来たり、あなたに合う間取りの作成を無料でしてくれます。

デメリットとしてはチェックをつけたハウスメーカーから営業の電話やメール、DMが入るようになるので、営業の電話やメッセージを受け取りたくないと言う方には向いていません。
実際に使用してみましたが、それ以外のデメリットはなかったように思います。

断るのが苦ではない人、できるだけたくさんの情報を集めたい人には向いていると思います。

ただリンク先に書いてあるような間取りの提案や見積もりをもらうには少しコツがあるので、こちらの記事を参考にしてもらえたらと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました